ローン用語のボーナス時増額返済とは

“ボーナス時増額返済”とはボーナス時加算やボーナス併用返済とも呼ばれていますが、ボーナスの返済において、毎月返済をしていく金額以外に、年2回のボーナスの月にプラスして返済を行う事により、結果的に返済期間を短く、そして返済総額を少なくする事ができます。ボーナスの月には通常の月の返済額より多く返済をすることになるのですが、かく金融機関では借入金額の40-50%に制限をしているところが多くみられます。ボーナス時に増額返済を行う事で、毎月の支払額が減り、それにより家計に余裕を持たせることもできます。一方でボーナス時の返済額を多めに設定をしてしまうと、不景気の影響などによりボーナスが大きく減った場合、ボーナス月の返済がかなり負担になってしまうというリスクもあるため注意が必要です。特に最近では為替も大きく振れますし、それにより影響を受ける企業も多く、先の見えない状況が続いていますので、あまりボーナス月の増額返済に頼らず、月々返済できる分のみを設定し、余裕がある場合のみ加算して返済をしていくという方法をとるケースが増えているそうです。


このページの先頭へ戻る